浄土真宗入門のチューリップ企画  
 
浄土真宗入門
浄土真宗の月刊誌『とどろき』 アニメ映画・親鸞聖人 アニメ映画・王舎城の悲劇  
【お知らせ】やさしい浄土真宗の入門誌をプレゼント!/お客様の声/メールで届く仏教入門

<浄土真宗入門>
浄土真宗をひらかれた親鸞聖人とは
仏教をひらかれたお釈迦さまとは
浄土真宗で大切にするお経は
浄土真宗の根本聖典『教行信証』とは
『正信偈』には何が書かれているのか
浄土真宗の善知識とは
仏教の本末(1)「無明業障の病」
仏教の本末(2)「阿弥陀仏」
仏教の本末(3)「六字の名号」

浄土真宗入門:浄土真宗で大事なお経は何ですか?


『正信偈』についてはこちら

『正信偈』を知りたい方へプレゼント中!

Q.浄土真宗で大事なお経は何ですか?


A.浄土真宗で大事なお経は、『大無量寿経だいむりょうじゅきょう』、 『観無量寿経かんむりょうじゅきょう』、 『阿弥陀経あみだきょう』 の三つです。
  これを浄土三部経といいます。
  浄土真宗ではこの三つのお経を大切にし、『般若心経』 や 『観音経』 などを読んだり書写したりすることはありません。

 浄土三部経には、 阿弥陀仏のことが集中的に説かれています。
  中でも親鸞聖人は、
「それ真実の教を顕さば、 すなわち 『大無量寿経』 これなり」 (教行信証)
とおっしゃり、 真実の経 (釈尊の本心が説かれている経典) は 『大無量寿経』 ただ一つであると断言されていますから、 私たちは七千余巻の一切経の中で、 『大無量寿経』 を最も大切にいたします。

Q.『大無量寿経』 はどんなお経ですか?


A.『大無量寿経』は、略して「大経」ともいわれます。
 釈迦はこの経の初めに、
「如来、 世に出興する所以は道教を光闡し、群萌を拯い恵むに真実の利を以てせんと欲してなり」 とおっしゃり、
私がこの世に生まれでた目的は、 一切の人々を絶対の幸福に導く、 この経を説くためであったのだ
と宣言されています。
 これを出世本懐経といいます。 出世本懐経とは、 真実の経と同じ意味で、 釈尊の本心が説かれている経典ということですから、 『大無量寿経』 以外のすべての経典は、 方便のお経であることがお分かりでしょう。

さらに 『大無量寿経』 の終わりには、
「当来の世に経道滅尽せんに、 我慈悲を以て哀愍し、 特にこの経を留めて止住すること百歳せん」
と、 真実の経であることの、 とどめを刺しておられます。 これは、
やがて、 『法華経』 など一切の経典が滅尽する、 末法法滅の時機が到来するが、 その時代になっても、 この 『大無量寿経』 だけは永遠に残り、 ますますすべての人々を絶対の幸福に導くであろう≠ニいうことです。

 このようなことが説かれているのは、 一切経多しといえども、 阿弥陀仏の本願が説かれている 『大無量寿経』 以外にはありません。


Q.『観無量寿経』 はどんなお経ですか?


A.『観無量寿経』 は、 略して 「観経」 ともいわれます。 「王舎城の悲劇」 で有名な、 韋提希夫人へのご説法が記されています。

  釈尊在世当時、 マガダ国の王・ビンバシャラ王の妃・韋提希(いだいけ)夫人は、 わが子・阿闍世(あじゃせ)によって、 七重の牢に閉じ込められます。 この時釈尊は、 「このたびは特に大事な話をしよう」 とおっしゃって、 大衆を前に、 霊鷲山で 『法華経』 の説法をしておられました。
  しかし、牢獄で苦しむ韋提希夫人の救いを求める声に、『法華経』 の説法を中断して、 王宮に降臨され、 弥陀の救いを説かれたのです。

 これは、 本師本仏の弥陀の本願こそ釈迦一代の仏教の目的であることを示しています。

Q.『阿弥陀経』 はどんなお経ですか?


A.大無量寿経』 を 「大経」 というのに対して、 『阿弥陀経』 を 「小経」 ともいわれます。 ここには阿弥陀仏と極楽浄土の様子が詳しく説かれています。
 この経の眼目は、 東西南北上下 (六方) の大宇宙の諸仏方が異口同音に、 「弥陀の本願まこと」 を証明なされている 「六方諸仏の証誠」 にあります。
 普通のお経は、 だれかの質問に答えられる形で説かれていますが、 『阿弥陀経』 だけは
「無問自説の経」 といわれ、 釈尊の問わず語りの説法なのです。
 自ら説かずにいられなかったお気持ちの表れでしょう。

浄土真宗入門の一覧に戻る 次:浄土真宗の根本聖典『教行信証』とは

この記事は、浄土真宗の月刊誌『とどろき』に掲載された内容をまとめたものです。


メールで学べる仏教入門
本物はどっち?違いが分かる、仏教入門

「仏教を学んでみたいけれど、どうも難しくて……」と思っているあなたへ。その疑問に答える内容を、メールでお届けします。(全5回)
配信は無料です。

お名前:
メールアドレス:

第1回 本物の仏教、ニセの仏教
第2回 お経はだれのために読むの?
第3回 葬式や法事は何のためにするの?
第4回 よりよく生きるためのものが仏教?
第5回 仏教は、いつごろから聞き始めたらいい?
iŠ”jƒ`ƒ…[ƒŠƒbƒvŠé‰æ@•xŽRŒ§ŽË…Žs¡ŠJ”­550
copyright(c) 1997- TULIP CO.All rights reserved.